積極損害賠償

交通事故に関係する賠償金の種類の1つとして、最後に紹介するのは財産的損害に対する賠償の種類の1つである、積極損害に対する賠償についてです。消極損害が事故によって発生した間接的な財産損害に対する賠償であるのにたいして、こちらの積極損害については直接発生した財産損害に対する賠償という仕組みとなっています。それでは、具体的にどのような種類のものがあるのかについて紹介します。

積極損害積極損害として認められることになるものとして、入通院治療費、入院雑費、付き添い看護費用などが該当します。入通院が必要になった場合について、その為に必要となった費用のすべてを損害賠償として請求することができる、というものとなっています。この内、付き添い看護費用については医師の証明が必要となります。他の請求額についても、実際にかかった金額の記録が必要となるため、被害者となってしまった場合については治療に関係する費用の記録は全て残しておくようにすると良いでしょう。

この他にも、将来に必要となる手術のための費用や義足や装具の費用などについても、その全額が積極損害として扱われることになります。損害賠償請求を行なう場合、その費用の記録が重要なポイントとなります。

消極損害賠償

消極損害交通事故に関係する損害賠償として、次に紹介するのは財産的損害への賠償の中でも、「消極損害」と呼ばれる種類のものとなります。この消極損害の特徴となっているのは、「交通事故」によって失われた財産に対する損害賠償を行なうというものではなく、交通事故によって「得られるはずだった利益が得られなかった」分についてを賠償する仕組みとなっているのが特徴となっています。それでは、例えばこの消極損害としてはどのような種類のものが該当するのでしょうか。

交通事故の消極障害として数えられるものとして、「休業損害」というものがあります。これは、交通事故によってやむなく仕事を休む必要が有る場合について、その仕事によって得られるはずだった利益を算出して損害賠償を請求するという仕組みです。これ以外にも、後遺障害逸失利益賠償というものがあります。これは交通事故によって発生した後遺障害によって、本来であれば得られるはずだった利益が得られなくなった場合に発生するものです。例えばスポーツ選手が事故によってそのスポーツを続けることができなくなった場合、その分についての請求は消極損害の1つとして扱われるということになります。これは後遺障害慰謝料とは別枠のものです。続いては、積極損害賠償について説明します。

慰謝料の分類

慰謝料それでは、より具体的に事故による損害賠償の内容について紹介します。最初に紹介するのは、精神的損害に対する賠償である、慰謝料についてです。この慰謝料について交通事故に関係があるものとしては、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料などの種類に分類することができるようになっています。まず入通院慰謝料については、その事故によって必要になってしまった入通院の期間に応じて金額が算出されるようになっているのが特徴です。

次に、後遺障害慰謝料については、その事故によって残ってしまった障害の度合いによって慰謝料が算出されるようになっています。日常生活を送るに当たって不便が出る度合いが高ければ高い程、慰謝料の金額についても基本的には高額になるように設定されています。

最後に死亡慰謝料については、交通事故によって死亡した人の遺族に対して支払われることになる慰謝料ということになります。こちらについては、事故の責任割合などによって金額が変更することが多くあります。一方的な事故であれば有るほど慰謝料は高額になりやすい傾向があります。このように、慰謝料も幾つかの分類があるため、それぞれの金額について確認しておく必要があります。

〔参考リンク〕交通事故 慰謝料

交通事故と損害賠償

損害賠償自動車での生活が中心になっている人にとって、あるいは道路付近を歩行する人が多い人にとって、交通事故というのは避けがたい問題の1つです。この交通事故については、勿論そのような自体にならないのが一番良いというのは前提としつつも、実際にそのような自体になってしまった時にどのように対応することができるのか、というのも重要な要素の1つとなっています。ここでは、交通事故にまつわる問題の1つとして「損害賠償」と言うものについて紹介します。交通事故の被害者になってしまった場合、あるいは注意をしていたにも関わらず交通事故の加害者になってしまったという場合、どのような損害賠償が発生する可能性があり、それぞれどのような内容のものになっているのか、ということについて簡単に紹介します。

交通事故に関係する損害賠償には、大きく2つの分類を行なうことができます。さらに、その片方の損害賠償の種類については、より細かく2つに分類することができるようになっており、さらに細かい分類を行なう場合についてはいくつもの分類に別れるようになっているため、比較的複雑なシステムとなっています。交通事故の損害賠償の種類としては、まずは「精神的賠償」と「財産的賠償」という2つの種類に分けることができます。前者については一般的に慰謝料とも呼ばれるもので、精神的なダメージに対する保障を行なうのが基本となっています。対して財産的賠償は、具体的な被害に対する賠償です。