消極損害賠償


消極損害交通事故に関係する損害賠償として、次に紹介するのは財産的損害への賠償の中でも、「消極損害」と呼ばれる種類のものとなります。この消極損害の特徴となっているのは、「交通事故」によって失われた財産に対する損害賠償を行なうというものではなく、交通事故によって「得られるはずだった利益が得られなかった」分についてを賠償する仕組みとなっているのが特徴となっています。それでは、例えばこの消極損害としてはどのような種類のものが該当するのでしょうか。

交通事故の消極障害として数えられるものとして、「休業損害」というものがあります。これは、交通事故によってやむなく仕事を休む必要が有る場合について、その仕事によって得られるはずだった利益を算出して損害賠償を請求するという仕組みです。これ以外にも、後遺障害逸失利益賠償というものがあります。これは交通事故によって発生した後遺障害によって、本来であれば得られるはずだった利益が得られなくなった場合に発生するものです。例えばスポーツ選手が事故によってそのスポーツを続けることができなくなった場合、その分についての請求は消極損害の1つとして扱われるということになります。これは後遺障害慰謝料とは別枠のものです。続いては、積極損害賠償について説明します。