交通事故と損害賠償


損害賠償自動車での生活が中心になっている人にとって、あるいは道路付近を歩行する人が多い人にとって、交通事故というのは避けがたい問題の1つです。この交通事故については、勿論そのような自体にならないのが一番良いというのは前提としつつも、実際にそのような自体になってしまった時にどのように対応することができるのか、というのも重要な要素の1つとなっています。ここでは、交通事故にまつわる問題の1つとして「損害賠償」と言うものについて紹介します。交通事故の被害者になってしまった場合、あるいは注意をしていたにも関わらず交通事故の加害者になってしまったという場合、どのような損害賠償が発生する可能性があり、それぞれどのような内容のものになっているのか、ということについて簡単に紹介します。

交通事故に関係する損害賠償には、大きく2つの分類を行なうことができます。さらに、その片方の損害賠償の種類については、より細かく2つに分類することができるようになっており、さらに細かい分類を行なう場合についてはいくつもの分類に別れるようになっているため、比較的複雑なシステムとなっています。交通事故の損害賠償の種類としては、まずは「精神的賠償」と「財産的賠償」という2つの種類に分けることができます。前者については一般的に慰謝料とも呼ばれるもので、精神的なダメージに対する保障を行なうのが基本となっています。対して財産的賠償は、具体的な被害に対する賠償です。