積極損害賠償


交通事故に関係する賠償金の種類の1つとして、最後に紹介するのは財産的損害に対する賠償の種類の1つである、積極損害に対する賠償についてです。消極損害が事故によって発生した間接的な財産損害に対する賠償であるのにたいして、こちらの積極損害については直接発生した財産損害に対する賠償という仕組みとなっています。それでは、具体的にどのような種類のものがあるのかについて紹介します。

積極損害積極損害として認められることになるものとして、入通院治療費、入院雑費、付き添い看護費用などが該当します。入通院が必要になった場合について、その為に必要となった費用のすべてを損害賠償として請求することができる、というものとなっています。この内、付き添い看護費用については医師の証明が必要となります。他の請求額についても、実際にかかった金額の記録が必要となるため、被害者となってしまった場合については治療に関係する費用の記録は全て残しておくようにすると良いでしょう。

この他にも、将来に必要となる手術のための費用や義足や装具の費用などについても、その全額が積極損害として扱われることになります。損害賠償請求を行なう場合、その費用の記録が重要なポイントとなります。